★★お引越ししました→https://raving25.blogspot.com/

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-18 Wed 20:51

歌が印象的な映画


「カストラート」
カストラート(声変わりを避けるため去勢した歌手)の栄光と苦悩。
歌は合成して作られているけど違和感なく、正に劇中の観客のように卒倒しそうな歌声です。



「あの頃ペニー・レインと」
キャメロン・クロウ監督自身の体験を基に描かれた青春もの。
バスの中でエルトン・ジョンのTiny Dancerを歌うシーンが一番残る。
ちなみに邦題の付け方が光ってますね♪



「コーラス」
サントラもバカ売れしたこの映画、そちらは聴いていないのですが…。
天使の歌声はもちろんすばらしいけど、気になるのはちっちゃいペピノ!
ニュー・シネマ・パラダイスと同じような役で出ているジャック・ペランの息子さんです。

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
https://rave25.blog.fc2.com/tb.php/137-de1eb24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。